首のリンパ腺の腫れ・痛みの原因・症状の解説

首・頸部のリンパ節が腫れる症状について:本サイトでは首に多く集まるリンパ節の腫れ、首の痛みの主な原因、症状・治療方法に関する記事を専門に掲載しております。頸部のリンパ節の腫れについてお調べの方のご参考になれば幸いです。

炎症の緩和と解熱処置を優先

 首のリンパ腺に腫れの治療方法は基本的に薬物療法による治療が基本です。

 首のリンパ節の腫れが発症しており、特に腫瘍などを伴っていないケースではリンパ節に炎症を起こしていますから炎症を抑える「抗生剤物質」の投与を行います。

 抗炎症剤としては比較的強いステロイドホルモン剤が炎症の緩和には良く効きますが、非ステロイド性の抗炎症作用をもつ成分を配合した薬剤を使用するケースもあります。

 このケースでは基本的に一般的な風邪やウイルス感染症の可能性が高くなる為、まずは炎症の緩和と解熱に関する処置を行い、症状に不安が残る場合は血液検査などの検査を実施していくことになります。

腫瘤の内部が化膿しているケース

 リンパ腺に腫瘤が見られる場合は、腫瘤の内部が化膿している事もあるので簡単な切除手術を行うケースもあります。

 腫瘤内部に滞留しているウミを取り出すことで、他の合併症の危険性なども回避できることにも繋がる為、化膿部分の処置は大切です。

 尚、腫れが腫瘍による場合の治療はまったく異なり、基本的に化学療法・放射線療法を主体に治療を行っていきます。